meanyの日刊妄想語録


いろいろ
PROFILE RECOMMEND BOOKMARK MESSAGE

野次2 (6/4(日)23:21)
2つ下の続き。
別に自分は野次そのものが嫌いというわけではない。
「試合をちゃんと見たうえでの野次」
「応援しながら出てくる野次」であれば、
さほど気にはならない。
問題はそうではない奴がけっこういるということ。
まるで「野次を言うだけのために」試合を観に来ているかの
ような奴が、我がもの顔でいるのがね・・・
まぁ、家でテレビで野球中継観ながらとかだったら
いくら野次ってもらっても構わないんだけど。
一応さ、公共の場所なんだから、ね。

まだまだ (6/10(土)0:41)
ここを見ると、日本での世間一般の
ホッケーに対する認知度の低さを感じずにはいられない。
しかし、俺もこの試合は見に行ってたけど、
そんな「珍プレー」あった覚えはないゾ。

デビルズ スタンレー制覇 (6/12(月)23:54)
っつーか、まだやってたんだ・・・(^^;)
でも、Nステの「高速認識なんとか」はよかったぞ。
スカイAでも次シーズンには導入しないかな?
あ、それか「レインボ〜〜(by かびら)」でも可。

日本リーグ00-01日程の所感 (6/25(日)23:50)
先週、連盟のHPにて今期日程が発表された。
それを見て感じたことを、ポイントを幾つか
挙げてここに述べてみたい。

●年間30→40試合へ増加
去年は古河の撤退騒動で影響で減ってしまっていたのだから、
これは「元に戻った」と捉えればいいのだろう。
現状の参加チーム数では、このあたりが妥当だろう。

●平日開催が8試合
集客の見込めない平日開催はなるべく避けるのが
望ましいと考えるが、決められた期間内での
スケジュールの消化を考慮すると、
数試合はやはり組まざるを得ないのだろう。
昨シーズンは4試合だったから、
一見倍になったように見えるが、
うち2試合はNHL JAPAN開催の影響を受けて
土日開催のはずが2日前倒しになったものである。
平日の対戦相手が特定のチームに偏ってしまうのは、
スケジュール編成上、
物理的に仕方がないことは理解できるが、
それにしても王子戦は全8試合中5試合が
平日になってしまうとは・・・

●東伏見での開催試合数
ホームゲーム20試合中、19試合が東伏見での開催に。
首都圏在住のファンにとっては、
観戦のチャンスが増えたと言える。
しかし、試合数の増えた分を地方開催に当てる
という事も考えられないことではなかったはず。
この問題は、「地域密着」と「ファン獲得の全国展開」
という2つの相反する目標の、
どちらにプライオリティーを置くかで決ることなので、
これがいいか悪いかはちょっと見解を示せない・・・
西武は「地域密着」の方を取ったってことか?(笑)
だったら、「器だけ立派でも〜」とか言われないように、
試合運営、ファンサービスも頑張ってください。

●札幌集結が消える
道内在住のファンからすれば残念なことかも知れない。
しかし、昨年の例から見ても開催時期が中途半端で
それほど重要性があるカードとも思えなかったし、
ホームゲームがここの試合で削られることの方が
デメリットとして大きいチームもあっただろう。
この件はあえて連盟の英断を評価してあげてもいいだろう。
(続く)


所感続き (6/27(火)0:20)
●日程の偏り
11月上旬〜中旬に3週も続けて東伏見の開催があるかと思えば、
一転して11月下旬からは平日の王子戦を除けば
1カ月以上もアウェイの試合が続く。
ファンの心理からすれば、シーズン中ならせめて
2週に1回くらいは生で観戦したいという
願望があると思うのだが、
これでは禁断症状でるの必至・・・
確かに、東京と北海道を行ったり来たりしているよりは、
遠征費用かからずに済むのかもしれないけど。

●1月〜2月中旬までの空白期間
全日本のほかに今年は何かやるのですか?
まさか代表の合宿ちょこっとやって親善試合やって
それで終わりということはないですよね〜
2カ月近くもリーグ中断させるのだから、
それなりにすごいことやる計画あるんだろなー、当然。


月分
カレンダー形式で表示 || 
大塚日記プロジェクト