meanyの日刊妄想語録


いろいろ
PROFILE RECOMMEND BOOKMARK MESSAGE

黒河〜〜!! (7/3(月)0:13)
真冬の東伏見での観戦もつらいけど、
真夏のサッカー観戦もかなり厳しいものがある。
まぁ、座ってゆっくりとビール片手に観戦〜だったら
そんなにツラくないんだろうけど、
「ゴール裏」での応援はこの季節はかなりこたえる。
昨日も国立行って酸欠状態になってた。
でも、応援してたチームがしっかりと勝ってくれると、
そんな苦しみもふっ飛んでしまうけどね〜♪
で、試合後の「祝勝会」で飲むビールがまた旨いこと!
ホッケーシーズン始まっても、この楽しみは
変らずに味わっていきたい。

「飲むヨーグルト」愛飲してる (7/10(月)0:24)
雪印の例の事故は、ホッケー方面にも予想以上の影響を
ここ数日及ぼしてきている。
発覚した当初は、単に1工場の起こした事故
ぐらいにしか自分の目には映らなかったので、
「ああ、雪印といえばそういやホッケーチームあるとこだよね」
ぐらいに楽観視していたのだが、
ここ数日の報道やホッケー部のHPの動きを見ると、
かなり深刻な状況になっているようだ。

こうなってくると必ず話題に上がるのが「活動停止」のこと。
企業スポーツの悲しい性というべきか、母体企業が損失を
発生させるとまともにその被害を被ってしまう。
まぁ、雪印の場合はその母体企業の理解があったからこそ、
今までホッケーの活動を順調に行ってこれたとも思うけど。

今回の事故による損失額が決算として出るのは
来年になってからのはずだから、
少なくとも今シーズンは「業績不振による資金不足のため活動停止」
という事態にまではならないだろう。
怖いのは「世間の目や被害者の感情を考慮しての活動の自粛」
などというお門違いの対応を取らないかということ。

今回の事故は企業として重大な過失があったのは事実であるし、
被害者や消費者に向けて誠心誠意、最大限の配慮をもって対応を
すべきであるということは僕も異論は全くない。
しかし「活動の自粛」なんてことしたら、
雪印の選手・ファンはもちろんだが、
日程の変更などで他チームの選手・ファンまでにも迷惑を
かけることになり、事故の被害者の他にも「第2の被害者」を
多く生むことにつながると思う。
何のプラスにもならない、マイナスにしかならない対応だけは
どうか取らないでほしいと願う。

仕事ぢゃないの? (7/13(木)1:06)
そういや、ちょっと前に執拗にコメントを迫る報道陣に向かって
「私は寝てないんだ!」と逆ギレしてた雪印社長に対して、
「こっちだって寝てないんだよ!」ってさらに逆々ギレ
してる記者がいたな。
あんたも、ペンで商売する資格ないよ

客観的に見ると (7/17(月)1:40)
シーズンオフでもっとも寂しくなる時期だったはずなのに
変なところで盛り上がってしまった>ホッケーサイト
まぁ、「雪降って地固まる」ということで(謎)

ホントに妄想だった頃 (7/29(土)0:03)
今となっては、7/4の妄想ぶりが懐かしい今日この頃・・・
もうあれから1カ月近く「祝勝」の機会がないぞ(涙)
頼む〜、そろそろ勝ってくれー(哀願)

哀願通じず (7/29(土)22:34)
そんなに俺にマズい酒を飲ませ続けたいのか〜(T_T)

月分
カレンダー形式で表示 || 
大塚日記プロジェクト